様々な家

外壁塗装は自分でできるのでしょうか

宙に浮かぶ家

外壁塗装を安く抑えるために、自分ですべて行おうかと考える人がいます。実際、外壁塗装を業者に依頼した場合、外壁塗装にかかる費用は塗料と人件費の割合がおよそ3対7と、人件費の占める割合が高いともいわれています。そのため日曜大工の得意な人などは自分で外壁塗装をしてみようかと考えたりします。
しかし外壁塗装は自分でできるのかというと、それははっきりいって無理といえます。その理由は、まず高所での作業は危険を伴います。高い足場を組むこと自体が素人では出来ないでしょう。仮にできたとしても隅々までまんべんなく綺麗に塗装をすることは困難です。次に手に入る塗料にも問題があります。ホームセンターなどで私たちが入手できる塗料はプロが使用しているものではなく、耐用年数が少なく性能が落ちるものばかりです。しかも、そのほとんどが水性塗料ですから、密着性にも問題がありすぐにはがれてしまうものです。一度水性塗料を塗ってしまうとその上から油性塗料はさらに密着性が悪くなり、施工費用が余計にかかるという悪循環になります。ちょっとした部分的な塗装なら自分で行っても構いませんが、家屋全体の帯壁塗装となるとやはりプ外壁塗装はロに任せた方が無難です。

外壁塗装でやってしまいがちな失敗とは

外壁塗装というのは家を持つ全ての方に関係のあるものです。そんな外壁塗装でやってしまいがちな失敗というものがあるので、ここで皆さんその失敗例を紹介させてください。それを知っている事で同様の失敗は避けられるようになりますので、一読してくだされば幸いです。
外壁塗装でよくある失敗一つ目は、塗り直しの時期が来ているのに外壁塗装を怠ったために外壁がダメになるという失敗です。塗装の塗り替え時期にはしっかりと業者に依頼をしないと、どんどん壁が弱っていきます。壁にダメージが出てしまったら、修繕はとても大変です。外壁塗装さえしっかり行っていればこういった事は防げますが、いまいちこの外壁塗装の大切さがわかっていないためにおこってしまいがちな失敗です。
次によくある失敗としては、業者選びの失敗です。業者はたくさんありますから適当に選ぶ方も出ています。しかし業者により料金も違えば評判や信頼にも大きな差があります。価格が良心的で作業の質も良いところを選ばないと、後悔する結果になるでしょう。また塗料選びにおいても、自分の予算との兼ね合いを考えながら、納得できる耐久性のものを選ばないと失敗をします。皆さんはこのような失敗にはどうぞ気をつけるようにしてください。

外壁塗装でクリアー塗装も魅力的です

サイディングの外壁塗装をし直す時期があるのです。外壁塗装の最適な時期は、サイディングボードに多くの汚れや付着したものが目立ったりした場合に行います。また色があせる事やチョーキングと呼ばれる手で触れて白い粉がつくようになった際なども、外壁塗装をするにもよい時期となります。
外壁がサイディングの場合には、普通に仕上げる塗装と風合いを生かした塗装仕上げなど選ぶことができるのです。普通仕上げですと、外壁サイディングのせっかくの模様がなくなってしまう事となります。
しかし、普通仕上げは、シーリングを打ち直した部分が隠れる良さもあります。風合いを生かした塗装に仕上げる場合は、クリアー塗装が使われます。この場合には、クリアーな仕上げとなるため透明な効果での塗装となるのです。クリアー塗装は、シーリング材が見えてしまうためにシール材の色選びが大切となります。外壁塗装の仕上げに、ツヤがある方が好きな人とツヤがあることが好きでない人がいらっしゃいます。このクリアー塗装は、ツヤの面にもお好みに応じることができるのです。ツヤの感じもお好みから選ぶこともできますし、また光沢などにも対応できるものとなります。
家は現在住んでいる人にも大切な財産となりますが、お子様たちの為にも外壁塗装をし直して、大切な家を持ち続けたいものです。

外壁塗装を埼玉でお考えの方はこちらをチェック!

信頼できる外壁塗装をは浜松市一筋40年のコチラ|浜名湖ホームサービスです。こちらは外壁塗装をただするだけではなく、アフターフォローも万全でオススメです!

Update Information

2016/05/16
家庭で使う塗料とプロが使う塗料との違いを追加しました。
2016/05/16
わが家は築15年で外壁塗装をしましたを追加しました。
2016/05/16
外壁塗装で塗料を選ぶ時の注意を追加しました。
2016/05/16
外壁塗装が担う重要な役割とはを追加しました。